FC2ブログ








オーディオ・ホームシアター展 2012(音展)が開幕

オーディオ・ビジュアル関連の総合展示会「オーディオ・ホームシアター展 2012(音展)」が東京で開幕。期間は10月19日(金)~21日(日)で、入場料は無料(一部有料)。会場は秋葉原UDX・アキバスクエア(2F)と、富士ソフトのアキバプラザ(4F~7F)。

同時期には「ポータブルオーディオフェスティバル」(ポタフェス)もこれも秋葉原で開催されていますが、こちらは対照的に、まさに大手メーカーのフラグシップを大々的に発表するような展示会。

ではありますが、最近のオーディオ界の多様化、小型化を受けて、ポタフェスにも展示されるような内容もあるのも特徴でしょうか。

とはいえ、やはり、現在のオーディオ界を総合的に俯瞰する内容であり、そのなかに大型機や高級機があるのは愛好家にとってはほっとするところ?

たとえば、TAD、「TAD-R1MK2」など大型スピーカー、ゴールドムンドなどの海外高級機。

そうしたものの一般性はともかく、オーディオの技術的な限界の追究、あるいはロマンの追求という意味でこれらの存在意義は大きいものなのではないでしょうか?

一方で、ちっちゃいイヤホンの新製品があるのもオーディオの幅広さを示すものではないでしょうか?ダイヤ加工技術を活かした新しいイヤホンという新機軸もあり、大いに興味を惹かれます。

ここにオーディオの未来がたしかにあると思いたいです。

http://www.phileweb.com/topic/?%A5%AA%A1%BC%A5%C7%A5%A3%A5%AA%A1%A6%A5%DB%A1%BC%A5%E0%A5%B7%A5%A2%A5%BF%A1%BC%C5%B82012

関連記事
スポンサーサイト




[ 2012/10/21 15:58 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/978-c5c66bc9