FC2ブログ








DIATONE DS-20000

ダイヤトーン DS-20000 メーカー希望小売価格¥500,000(税別・一台) 発売1992年 受注生産・限定300セット

27cmコーン型ウーファーを搭載した3ウェイブックシェルフ型の高級機。

ウーハーにはアラミッド・ハニカム・コーンを用い、中域にはお得意のB4C(ピュアボロン)振動板を用いた7.5cmドーム型ミッドレンジを搭載。高域もB4C2.3cmドーム型トゥイーターを搭載。

エンクロージャーは北米シトカ地方で産出されるシトカスプルースをランバーコア構造にして採用。

今では大きく縮小されてしまった同ブランドを代表する名機と言えそうです。本機で使用されたスプルース材は2000年代になって復活した同ブランド高級機、DS-MA1でも使われているということで、ダイヤトーンとしてはこの材質には自信を持っているようです。

当時はまだハイビット、ハイサンプリング時代にはほど遠かったのですが、設計コンセプトとして、 ハイサンプリング・デジタル・オーディオ対応と銘打っていました。そのため、高域再生能力など、現在のハイレゾPC音源に活かすことができそうです。

なにより、そもそもの音が良いことが重要なことでしょうが。

ボロンの振動板は壊れるともう交換部品もないので、売るにしても買うにしても、そこを壊さないように大事にしたいですね。本機自体が貴重な価値を持つでしょうから。数も限られていますし。

その重要なボロン振動板が壊れた中古品はプラスチックに交換されてしまっているものなどもあるようです。中古でも高価なものだけにもとの振動板なのかよく確認して買いたいところです。

ヤフオクでの実際の取引例
282,000 円 3 12年10月6日 出品は、スピーカおよび専用台の2台1セットのみ
音色は、艶があり、まるで楽器のようなスピーカであると思います。中古品ですので、すりきず、打痕などはありますが、表面のピアノ塗装が非常に硬いので深い傷には、ならないこともあり美品だと思います。当方の友人であるダイヤトーンの開発者にも視聴してもらいましたが、「いい音するな?」との好評を得ておりまして、発売当初の音が再生できていることは確認しました。正真正銘のボロン振動板であることも、友人に確認してもらっています。

ヤフーオークション ダイヤトーンのスピーカー



方式 3ウェイ・3スピーカー・密閉方式・ブックシェルフ型・防磁タイプ
使用ユニット 低域用:27cmコーン型
中域用:7.5cmドーム型
高域用:2.3cmドーム型
定格インピーダンス 4Ω
再生周波数帯域 35Hz~80kHz
出力音圧レベル 88dB/W/m
クロスオーバー周波数 500Hz、5kHz
最大入力 220W(EIAJ)
外形寸法 幅360×高さ695×奥行339mm 重量 35kg
別売:専用スピーカースタンド DK-20000(\150,000、2台1組)
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/10/22 08:25 ] ★スピーカー DIATONE | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/979-604a4005