FC2ブログ








オンキヨーはどこに向かっているの?

最近はオーディオ界のなかではPCオーディオに注力しつつも、ホームシアター、ミニコンポ、さらには一応?ピュアオーディオでも製品を発売、また、一定の成果を上げているように思われるオンキヨー。

そのオンキヨーがいかにも今の時代風の製品を発売。

“インターネット・スティック”「NT-A1」なるもの。

要は手持ちのテレビやディスプレイを簡単にインターネット対応にできる機器とのことですが、無線LAN(11b/g/n)受信器を内蔵したAndroid端末。本機をテレビなどのHDMI端子に挿入することでネット非対応機器もネット対応にできるといかにも現代的な装備、用語が並びます。いずれも数年前までは普及していなかったか、影も形もなかったものばかり。ネット対応テレビなどを簡単にスマートテレビ化、というコンセプトらしいです。

直販価格は9,980円(税込)。

家電専門誌などではこの価格にしてはできることが限定されていて、お買い得ではないなどと評価されていました。

結構いろんなことができるように思えるし、この価格なのに…。

それだけ、「スマート化」は安価で多機能が当たり前と化しているのです。

まだまだ高価格で大型で単機能でも当たり前のオーディオ界とは大違い。

オンキヨーは本来はオーディオ界の会社なのにどこか遠いところに行ってしまった感もします。

このまま行ってしまわないで、オーディオ界にも留まっていてほしいものですが…。
関連記事
スポンサーサイト




[ 2012/10/22 17:05 ] 業界ニュース | TB(0) | CM(0)
[Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://audioauction.blog3.fc2.com/tb.php/982-dc6da748