スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[Edit]

DIATONE DS-A3 中古

DIATONE_DS-A3_ap.jpg

ダイヤトーン DS-A3(スピーカー)  メーカー希望小売価格:¥180,000(税別・1本) 発売1994年 ヤフオク中古相場11万円程度(スタンド込み)

ダイヤトーン工房50周年を記念機種。放送用モニターでのそれまでのスピーカー技術と木工技術の全ても注ぎ込んで作られた力作。かの放送用モニター・2S-3003を小型化したようなイメージを持っています。

低域にはアラミッド・コーンを採用した16cmコーン型ウーファーを搭載、高域にもアラミッド・コーンを用いた4cmコーン型ツィーターを搭載した2ウェイ・バスレフ型。音色の統一性のために、コーンの素材を統一するこだわり。ウーファーの磁気回路にはA.D.M.C.-m(Advanced Magnet Circuit-music)を搭載。ネットワークはDS-2000に準じたものを採用。バッフル板は厚さ46mmで、ウォルナット突き板仕上げ。バスレフポートを大きめに取っているのも特徴。ラウンドバッフル。シングルワイヤリング。DK-A3(1台、\40,000)という専用スタンドあり。中古でもセット販売が多いです。

メーカーの宣伝文句に「人の声のあたたかさや弦楽器の艶やかさなどの音楽表現力も重視」とあり、いわゆるモニター調の情報量だけの冷たい音ではない、民生用機ならではの音楽表現力を狙った機種であるのは確かなようです。

スペック的には十分広く、ワイドレンジなのかと思いきや、ユーザーの方たちの声を見ると、意外にもそうではないようです。どうも、「声」やヴァイオリンを初めとする「弦楽器」は本当に得意なようですが、幅広い音楽、楽器再生、という点でみると、上記の2つ以外の楽器がかかる広い帯域での再生は苦手…つまりは中域中心のスピーカーみたいなところがあるようです。2ウェイながらも素材を同一にしている効果もあるのでしょうか。

そのうえ、ダイヤトーンにしては小さめなので、小音量はどうかというと、それも苦手らしく、つまりは、ボーカル、声楽、弦楽ものをそれなりの音量で鳴らすと真価を発揮する、というなかなか難しい機種のようです。

しかし、それらでつぼにはまると、他では得がたい音が得られるので、手放せない、という人もいます。

なんだか、このスピーカーひとつでは幅広くは聴けないような印象ですが、上記のジャンルばかり聴くなどの人にはとても向いているのかもしれません。

また、当時から鳴らしにくい、という、これまた面倒な部分もあるようですが、これも当時のサンスイの高級機、907ラインくらいだとうまく鳴るとのことですので、そのあたりを参考にするといいと思います。何もサンスイの907も用意することはないかもしれませんが、確かに、現在そのクラスを現行別メーカーで用意するのも大変な気はします。

プリメインどころかラックスの高級セパレートでやっと真価を発揮した、みたいな人もいるだけに、アンプへの要求度や懐はかなり深いようです。

ダイヤトーン工房70周年の今年、実質消滅してしまっているのは必然なのか、残念なことなのか、このスピーカーを鳴らすと何か見えてくるでしょうか?

ヤフオクでの価格はスタンドセットで11万円程度くらい。

ヤフオクでの実際の取引例:2014年
122,000 円 70件 5月15日 細かな傷ございますが中古品にしては良いコンディションでございます。
サランネットにくすみございます。
113,500 円 61件 5月21日 スピーカースタンドも付属しますがこちらは純正品ではありません。動作はまったく問題ありません。エッジも非常に良い状態です。


ヤフオク DIATONEのオーディオ機器
[ 2014/08/04 16:29 ] ★スピーカー DIATONE | TB(-) | CM(0)
[Edit]

Accuphase E-250 中古

accuphase_e-250_ap.jpg
アキュフェーズのプリメインアンプ E-250 メーカー希望小売価格:¥280,000(税別) 発売2008年 ヤフオク中古相場17万円程度

アキュフェーズのエントリープリメイン・E-200シリーズの機種。E-213(2005年・22.8万円)の後継機。今回のモデルチェンジでは、ついに、アキュフェーズ独自の高精度ボリューム機構・AAVAを、エントリークラス機に初投入。簡易タイプのAAVA-Ⅱを当時の上位プリメイン・E-350、E-450同様に搭載。

出力段は、バイポーラ・トランジスターのパラレル・プッシュプル構成で、90W/ch(8Ω)、115W/ch(4Ω) の出力。パワーアンプ部の構成には、インスツルメンテーション・アンプ方式を採用。信号経路をバランス伝送化。カレント・フィードバック増幅回路を搭載。400VAの大型電源トランスと、大容量フィルター・コンデンサーによる強力電源部で構成。

機能面では、バランス入力も装備。トーンコントロール,コンペンセーター機能など装備。大型パワーメーターも装備。リモコンあり。フォノにはオプションボードで対応。そのほか、USBにも対応可能のデジタル入力ボードにも対応。プリ・メイン両方の分離はできず、メインインのみ装備。

AAVAの搭載によるE-213からの音質的向上は大きいという評価は多く、200シリーズの新しい時代を切り開いた名機と言えるかもしれません。その能力は上位のE-305にも肉薄するものだとも言われています。

2012年に後継機・E-260が発売されたため、本機は生産完了。中古市場機となりました。

ヤフオク中古では17万円くらい。この中古価格で買えるアキュフェーズのプリメインアンプとの比較、選択選択のポイントとしては、AAVA方式のボリュームの音質的利点を取るのか、アナログアンプとしての基本的な物量の多さを取るのかという選択、さらにはフォノが最初からついていたほうがいいのか、デジタル入力ボードにも対応させたいのか、などが挙げられると思います。

17万円程度の予算だと、本機より古い200シリーズはもちろん買えますが、300シリーズならE-307より前くらいから、さらに400シリーズでも、E-406より前くらいの機種だと買うことができそうです。

PCオーディオを現代的に楽しむなら本機を、フォノも使って、大型スピーカーをゆったり鳴らしたい、パワーアンプとしても結構使う(そうなるとボリュームがあまり関係なくなる)などだと、古い300、400シリーズでもいいかもしれません。

ヤフオクでの実際の取引例:2014年
180,000 円 1件 3月26日 目立つ傷もなく非常にきれいな状態です。
もちろん動作にも問題ありません。本体、リモコン、説明書、元箱の出品です。


ヤフオク ・Accuphaseのオーディオ機器
[ 2014/08/04 11:35 ] ・Accuphase | TB(-) | CM(0)
[Edit]

ARCAM A75 中古

arcam_A75_AP.jpg

アーカム ARCAM A75 プリメインアンプ メーカー希望小売価格¥90,000(税別)

英国系コンパクトコンポの典型的な薄型・軽量のプリメインアンプで、さらに英国系バジェット・ハイファイの考え方をも含んだ機種(高すぎない機器で、適度、といっても十分にオーディオ的なレベルも確保して楽しもう、という考え方)。

シンプルで軽量なボディながらも、アーカムは機能や出力は確保しているのも特徴で、本機もそう。

50w+50w(8Ω) の出力に、入力・6系統にフォノ入力(MMのみ)も標準装備。ヘッドホン端子、プリアウト、スピーカー2系統。トーンコントロールにバランス調整も装備、おまけにリモコンも装備。

もちろん、国内メーカーの9万円クラスの機種と物量や出力で比べると勝負になりません。そういう価値観でないところで勝負、というか誰かと勝負している意識もないのだと思います。

とはいえ、一般的には必要十分な出力を持ち、スペック的には問題ないはず。音は、国産のアンプに比べると、解像力は劣るが、英国系らしい ゆったりとした雰囲気、と評価する人がいて、うまく表されているように思います。A65(45W)に比べて出力が大きいのは少しでもポイントだと思います。

プリアウトも生かせば、いろいろとシステムを組んだり、発展させることができるように思います。

ヤフオクでは1万円台で落札できるようです。同様価格で落札できるアーカムのプリメインとしてはたとえばA65などありますが、出力の小さい下位機となるので、わずかの違いであれば本機がいいように思います。アーカムのプリメインアンプをヤフオクでさがすときは、「ARCAM A」といれると、他の機種も含め、いろいろと見ることができると思います。


ヤフオク ・ARCAMのオーディオ機器
[ 2014/08/02 12:59 ] 海外メーカー ・ARCAM | TB(-) | CM(0)
[Edit]

Accuphase DP-55 CDプレーヤー 中古

中古オーディオ機器探求。CDプレーヤー編。Accuphase DP-55 1996年3月発売 メーカー希望小売価格¥241,500(税込)。

同社独自のMMB方式20ビットDACを搭載。PCM1702を片チャンネル当たり3つ、合計6基使用。デジタル入力を持ち、D/Aコンバーターとしても使用可能。24/48までの対応。デジタル方式で音量調整が可能。

バランス出力と、リモコン音量調整がポイントでしょうね。もちろんDACとしての使用も。ただし、今日的に見ると、24/48までの対応はハイレゾ音源に対しては中途半端。デジタルボリュームも24ビット音源で使うとビット落ちが心配。

それでもCDレベルで十分、という人にはバランス出力も含めて、十分な内容、装備だと思います。

デノンの音は嫌い、エソテリックもどうも…という人にも。「切れ込みの良さとクリアー な中高域がミックスされあらゆるジャンルのソースを快適に再生」という評価をしているショップもあり、中庸の良さを感じさせます。もちろん、そこにもアキュフェーズの独特の音は加わるでしょうが。

案外軽いのですね。

ヤフーオークション アキュフェーズのCDプレーヤー

[ 2014/07/24 11:01 ] ★CDデッキ Accuphase | TB(0) | CM(0)
[Edit]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。